お盆休み in 2020:1日目は大正池〜湯船〜信楽ライド【ロードバイク】

01-ライド

今年は特別なお盆休みになりそうだ。

例年、毎年お盆は奥様の実家に帰っている。奥様の実家が愛知県でコロナのリスクがあり、息子ちゃんもお勉強しなければならないという事で今年は帰省せずに滋賀にいる事にした、

我慢のお盆休み。

コロナの第一波の時よりも明らかに新規感染者数が多いのに緊急事態宣言を出して外出自粛令を出さないというのは、それほど経済に与えるダメージが大きいという事だろう。

でも、経済を優先してきたブラジルなど壊滅状態だ。ただ、日本はまだ一日の新規感染者が1000人くらい。アメリカやブラジル、インドなんて6万人という規模。世界の規模を見て政府の感覚が麻痺してしまっていないか?とい点が心配だ。

経済が回らなければ生きていけない人達も実際にいる。なのでバランス感覚が必要だ。その様な人達を助けるのは我々が慎重な行動をとって新規コロナ感染者を減らす事だ。許せないのは、この中で「コロナフェス」なんてものをやっている奴らが東京にいるという事だ。言論の自由や表現の自由を超えている。取り締まって主催者を逮捕しても良いのではないか?と個人的には思うのだが。。。

会社が「コロナ罹患者を1名も出さない事」という厳命を出してしまった事もあり、緊張感がガッと上がっている。でも、一体どう気をつければ良いのか?

とにかく第一号にならないようにしなければならない。第一号になったら私生活の全てが暴露されてしまう。どれだけ気をつけていたとしても揚げ足を取られて非難されるだろう。

世間は「コロナと共存」の動きを取っているのに、なんと逆行した動きなのだろうか。。。

まぁ、そんな事を言っても仕方がない。コロナにかかって良いことなんて自分にも周囲にも一つもない。かからない様に最善の注意を払うだけだ。

さて、そんなお盆休みの初日は大正池〜湯船〜信楽ライド。

ロードバイク

大正池〜湯船〜信楽ライド:お盆初日は涼しかった

日曜日と月曜日は日中にライドしたから熱中症になりかけたんで、早朝ライドにする事に。

木曜日〜土曜日は息子ちゃんの塾がないから送迎をする必要もない。なので早朝ライドでロングにいく事も可能なのだ。

朝は5時30分に起きて、すぐに準備して5時45分に出発。

やはり涼しい。

早朝だから涼しいのか、前日雨が降って地面が冷やされているからなのか、それとも曇りだからなのか? その全てだろうな。

とにかく涼しかった。

ちょっとお腹が緩く、途中2回ほどコンビニでトイレへ。

それ以外は快適に進む。最近このコースばかりだ。俺は基本的にあまりあちこち色々なコースを走るタイプではない。好きなコースが見つかれば、しばらくそのコースのみを走りまくる。

多分、俺のストラバをフォローしてくれている人達は「また同じコース行ってるわ」と呆れているかもしれない(笑

このコースはなかなか良いんだよね。

全長80kmで獲得標高は1000mを超える。レストを少なくすれば4時間程度で帰ってこれる。

童仙房まで行くとお腹いっぱいな感じになってしまい、翌日はレストにするかという気になるのだけど、このコースはそこまでヒルクライムばかりでないから腹八分で終わる事ができて「明日も行くか」という気にさせてくれる。

バイクはデローザちゃんで。

大正池までとんとん拍子で進む。大正池ではTTをやるつもりは無かった。なので、ラップボタンも押していない。けど、スタート地点に来た時に100m前くらいに良いペースで走っている人がいた。その人に追いつく様に少し強度高めで走った。

すぐに追いつくかと思ったらなかなか追いつかない。ヒルクライム体型をした感じの人だった。

バイクはブランド名まで分からなかったけど、見た目チタンフレームな感じがした。将来的には俺もチタンやクロモリのロードバイクに乗りたいなと思っている。やはりあの細くてシュッとしたフレームにはエモさがある。

乗るならデローザのクロモリかな。なぜデローザが好きなのか?というと処理が丁寧だから。

今乗っているデローザのTeam09はアルミだけど、RyutubeTVさんがカーボンと思ってしまうほど、溶接痕が綺麗。俺は基本的にもの作りが好きなので、こういった丁寧な処理をして作られたものが好きなのだ。

ちょうどコースの半分辺りに来た時に、チタンさん(仮称)を抜いた。そのまま先行する。

ヒルクライムで誰かを抜かすなんて事はあまり無いから、誰かを抜かす度に人知れずちょっと感動している。(向こうは競っていないし、なんとも思っていないだろうけど)

良い感じで追い込みながら登ってきたし、気温も涼しかったから最後まで強度高く行く事にした。TTをする気は無かったのに。。。

最後の坂。インナーに落とそうかと思ったけど、前日にインナーに落としたらチェーン落ちした事を思い出して止めた。

アウターローのまま登る。途中ダンシングを組み込みながら追い込む。

結果
23:49

ベストから2分落ちやけど3,4番目くらいに速いタイムだ。デローザちゃんでしかもカーボンディープホイールを履いた激重仕様なのに(笑

なかなか良いではないか。(自分に大甘)

そのまま和束のローソンで水分補給をして、湯船〜信楽経由で大津へ。

K坂さんに教えてもらったたこやき店に行ったら、まだ開いていなかった。10時前やったし、まだ早すぎたか。ちょっと残念。

TSS199.8 CTL121.26 TSB▲7.43

滋賀県平和祈念館へ行ってきた

戦後75年。息子ちゃんも小学校6年生になったという事で、戦争について学ぼうと滋賀県の平和祈念館へ行ってきた。

母校の立命館大学の国際平和ミュージアムにしようかと思ったけど、開館していなかったようなので、東近江にある平和祈念館へ。

戦争とはかくもひどいものかと再認識させられるような内容だった。

戦地で病気で無くなったり食糧不足で餓死する人達も多かった様だ。

この様な経験は自分自身でもしたく無いし、自分の子供にもさせたくない。

戦争を交渉のカードとしてチラつかせる国がいまだにある事が信じられない限りだ。

幸い、日本は平成の時代に戦争は無かった。引き続き、我々は全力で戦争になる事態を避けなければならない。

行ってきた感想を書きたいが何を書いても陳腐な表現になってしまうので止めておく。

筆舌しがたいとはまさにこの事だ。

このブログを読んで、少しでも興味を持つ人がいれば是非一度行って欲しい。


この記事が「いいね」と思った人は下記のバナーのどれかを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント