「ロードバイク/ZWIFT】4wk FTP Booster Week3 Day7 /デキる営業マンが生産部門に入っても活躍できるとは限らない。

03-ZWIFT

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日はややこしい仕事を1つ処理。
俺が1番嫌いな仕事は他部署との会議の時間調整。

昨日ふと思ったのだが、営業と調達、対外交渉が必要という意味では似ているが、物を売る/買う以外で決定的に違うことがある。

営業は個人プレーで契約を取ってきても大丈夫。その成果はその営業マンのパフォーマンスとして評価される。

でも、調達は個人プレーで仕事をすると逆に評価が下がる。調達というよりは生産部門かな。生産部門はあくまで連携プレーが最も重視される。ある個人の力量が物凄く高くても、他の者がついて来れなければ意味が無い。

元凄腕営業マンがチームにいるのだが、自分で色々できるスキルがあるから自分で全てやってしまおうとする。でも、その人が居なくなったら、それでおしまいになってしまう。

本当に凄い人は未来永劫続くような仕組みを作る人。最近、ようやくそれが分かってきた。


ロードバイク

ZWIFT:4wk FTP Booster Week3 Day7

昨晩は脚が死んでいたけど、ローラー台練は実行。

メニューを見て「これは余裕じゃねえか?」と思ったからだ。大いなる勘違いであった事を後で痛感することとなる。

こんなメニュー。

FTP121%(290W) 2分 & FTP60%(145W) 2分を4セット。FTP121%は確かにしんどいけど、2分なら余裕で耐えられるぞ?と完全に舐めていた。

ウォームアップは普通に終了。

さて、やりますか!とスタート。
290Wまで強度を上げて踏む。お?お?あれ?こ、、これはヤバイぞ?40秒過ぎたあたりから脚が熱くなり始める。おいおい、これはスクワットで追い込んでいる時の後半のアノ感じやんか!!と思ったのも束の間、息がしんどくなってくる。

ここで息が上がったらゲームオーバーだ。と思って、息を整えながらも強度を保って回す。

何とか1セット目終了。ここで気づいた。

これはヤバイ。

レストの2分はあっという間に過ぎて2セット目開始。とにかく息を整えながら丁寧に回す。1分15秒くらいで心が折れかける。でも、脚はギリギリ回る。息もギリギリだ。まだいける。

何とか2セット目もクリア。

3セット目。1分過ぎて脚が限界に近づいて来ているのが分かる。身体的な限界だ。パワーが落ちる。全力で踏んでいるが250Wから上がらない。息も続かない。1分30秒辺りで完全にオールアウト。5秒ほど脚が止まった。でも、このメニューは何とか終わらせておきたい。

星が半分でも構わない。とにかく継続するんだ!と自分を奮い立たせて、再開。3セット目終了。

レスト中ずっと「あと1セットで終了だ!頑張れ!」と自分に気合い注入。

ラスト4セット目、スタート!1分30秒で「あと30秒!」と思ったものの、脚から力が抜けてオールアウト。また5秒だけ休んで再開。最後の10秒は「ウオォォォ〜」と小声で叫びながら終了。(夜中だからね)

この15分はなんだかんだでNP232Wやった。完全に舐めてました。

弱虫ペダルを観ながら少し回して終了。

結果
TSS73.2 CTL67.45 TSB▲22.11

TSS73程度ではCTLが0.1くらいしか上がらない。もうそろそろ、朝もローラー回してTSS100は稼いでいかないとアカンかな?


コメント