ツール・ド・お盆3日目:大正池〜童仙房〜信楽/霧雨が気持ち良かったけど、灼熱ライドやった。

01-ライド

お盆休み3日目は、ソロライド。大正池方面に行くことに。
せっかく大正池に行くのだから、大正池TTをやるつもりで出発したけど、風強く脚もついて来ず撃沈。でも、色々な人と会えたライドやった。

ロードバイク

家〜大正池

なるべく涼しい時間帯に大正池アタックしたいと思ったけど、家を出たのが7時頃。
すでに暑くなり始めていた。。。

南郷洗堰まで出て、猿丸神社経由で大正池へ。
なるべく脚を残しながら大正池まで行こうと思っていたけど、猿丸神社前の坂でロードバイク集団がいて、調子よくついて行ったら結構脚を使ってしまった。。。

脚とケツは大台ケ原に行ったっきり帰って来ない。相変わらずヌルヌルとした感覚。
バイクで言うとクラッチが擦り切れてしまっている感じ。一生懸命に頑張っても、ついて来ない。

う〜ん。。。大正池に着く頃までにはどうにかなっていないかなと思いながらも、とにかく進む。
大正池付近について気づいた。風が強い。。。しかも向かい風で一向にスピードが乗らない。最近はある程度、ロードバイクがスピードに乗るように心がけている。スイっスイっとスピードがある程度乗ったところで踏む感じ。これまでは、ペダルが回る分だけしかロードバイクが前に進まなかったのだけど、何かのきっかけで乗り方を変えたら、慣性を使うことができるようになった。とは言っても、まだまだ未熟なのだけど。これは、緩斜面が多い坂で有効やし、特に大正池や京見峠では効果がある気がする。それが、今回は向かい風が強すぎるせいで使えない。

不安な気持ちを抱えながら大正池に到着。

大正池TT

久しぶりの大正池TT。これまでの自己ベストは23:47。それまでは24:59。
自己ベストの時は、限界超えた走りをして出した。ともかくスタート。

序盤は上げ気味で突っ込む。最近あまり来ていないからコースレイアウトを忘れてしまったのだけど、最終区間の坂以外は基本的には緩斜面がメインだから、序盤で突っ込んで行っても大丈夫な事は分かっていた。ペダルを踏んだ感触と、ロードバイクの進む速度のイメージが合わない。これだけ踏んだら普通はこれくらいの速度が出るはずなのにという速度が、向かい風のせいで出ない。序盤はインナーでいく。脚がある人たちは最後の坂までアウターで行けるのだろうが、俺の脚はそのようには出来ていない。。。

緩斜面で踏むけどパワーが出ない。暑さで気力も萎えてくる。「暑い、、、アカン。TTは早朝か春か秋やな。。。こんな灼熱の時にやったらアカン」と意識が朦朧としてくる。でも、折角大正池まで来たのだから、今出せるものは出しておこう。。。
中盤を超えて、平坦区間に入る。ギアをアウターに入れる。踏めない。。。けど、踏む。前方に女子ツーリング集団がいた。スプリント並みに踏む。「わ〜!」という黄色い声を背に受けて、余裕を装いながら200mくらい突っ走る。女子グループが見えなくなったところ付近で腰をおろし「ヤバイ、、、もう、、、アカン。出し切ってしまった。。。最後の坂に行くまでに出し切ってしまった」と猛烈後悔。

匂い区間〜坂区間までは、どう走ったか覚えていないくらい疲弊していた。

坂区間に入り、少し息を吹き返す。ギア21くらいから突っ込む。すぐに無理だと思い24に下げる。中間くらいまで24で頑張り、27に下げる。最後1/3くらいのところで、いよいよ乙女ギア30の発動。
回る、、、、脚が回るぞ!!いつもやったら、ここでもう虫の息になって踏めなくなってしまうが、乙女ギアのおかげでスピードが死なない。これは良いかもしれない。俺の貧脚に合っている。ヒルクライムは自分の脚に合ったギアを使わなければならないとは良く言ったものだ。これまで28以上のギアは漢らしくないし、ヒルクライム以前に何かに負けた気になってしまうから、俺は使わん!と思っていたけど、さっさとそんなちっぽけなプライドを捨てて乙女になっておけば良かった。

ちっぽけなプライドが邪魔をして、その先の世界を見ることが出来ていなかったというケースはロードバイク以外でも結構色々とあると思う。変んなプライドは捨てていこう。

最後まで脚を回し切ってゴール。結果、、、24:34。ベストには全然届かなかったけど、自己ベスト2のタイムやった。こんなに悪条件で、脚もケツも戻ってきていなかったのに、このタイムを出せたのはちょっと嬉しかった。朝練、続けよう。

童仙房〜信楽

特に書く事はないのだけど、、、和束町のコンビニで、K田さんとY村さんに会った。前回、花背で一緒になった方達だ。K田さんは特徴的なロードバイクに乗ってはるし、自身も特徴的(良い意味で)な方なので、すぐに分かって声をかけさせてもらった。こういう場所で知っている人と会うとなんか嬉しいものだなと思う。

あと、同じコンビニでH瀬さんにもお会い出来た。多分、初めてお会いする。ストラバではたまにコメントくれるので知っているのだけど、お会いしたのは初めて。多分エイトの方達とツーリングされていたのだと思うのやけど「エイト」が頭に出なくて、「エイト練の遠征ですか」の言葉が出ず、ちょっとキョドッてしまった。(笑
会社のライドウェアを着ていたので「○○さんの人だ」と気づいてくれた。こういう出会いも嬉しいね。いつか、エイト練にも参加してみたいなと思う。最初の数kmでちぎられて終了な気がするけど。(笑

週末は基本的に午前中縛りなのでソロ・ライドが中心だけど、そのなかでもこういう偶然な出会いがあるのが楽しみの一つかな、と最近は思えてきた。

コンビニを出てからは、童仙房〜信楽経由で帰宅。途中、霧雨が降っていたところは涼しかったけど、霧雨が晴れてからは蒸し暑くてたまらなかった。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント