ロードバイク:灼熱のPEAKS練/やはりポイントは補給やな

01-ライド

土曜日は会社あったけど、土曜日なので有休。最近、土日休まないと、月曜日からの仕事に気合が入らない。ロードバイク乗りたいから休んだのではなく、来週の仕事効率を上げるための積極的休養なのだ。笑

ロードバイク

PEAKS蓼科に向けた練習

さて、今日はPEAKS練。来週の日曜から上海出張なので、今週末と来週はがっつり乗っておきたいところだ。

今季は未だに一度のライドで3000m up超えもしていない。このままPEAKS迎えるのは不安しかない。

12時間半で獲得標高5154m。
俺はとにかく12時間半めい一杯使って達成するのが、今のところの目標。タイムを競えるほどの自信は無い。

単純計算で1時間413m upで登れば時間内で達成できる。でも、食事や休憩考えたら、10時間で達成を目標としておいた方が良いと思う。という事で、1時間で500m upがペース目標。

山中越え1本が255m up。なので、1時間で2本登れば良いという計算になる。もちろん、登りがあれば降りもある。降りも入れて2本1時間。ダウンヒルは約6分くらいやから、登り24分くらいのペースで良い。ベストが14分後半やから、約9分ほど遅くても良い。そんなペース感で今日は登ることにした。

山中越え東 L x 5本

脚は戻って来てくれたが、ケツがイマイチ戻って来てない。いや、多分戻って来ているのやけど、腰〜臀部左側面がガチガチに凝り固まってしまっていて、よく分からない状態になっている。

腰〜臀部左側面がガチガチに凝り固まっているときは大概体重が増えすぎている時。今朝の体重は70.7kg。ほらね。

身体のどこかが凝っているとやる気がそこから抜けていく気がするのは俺だけだろうか?力が抜けていく感じ。

そんな事を言っていても仕方がない、取り敢えず登り始める。やはり凝り固まっているせいか大臀筋に力が入らない。

そこで、サドル高さを1cm上げて大腿四頭筋中心のペダリングに。だいぶマシ。

いつもは、SSTで登るのやけど、PEAKS練なので、とにかくペースを守って疲れないように登る。

10時から息子ちゃんをそろばん教室へ送らなければならないから5本程度が時間的には限界か?と思いながら淡々と息を切らさないように、脚が無くならないように登る。

1本目:23:14
2本目:22:41
3本目:24:07
4本目:22:10
5本目:22:21
良い感じのペースで登れた。疲れもそれほど無い。でも暑い。

2時間30分で1290m up。単純計算で、
5時間2580m up
10時間5160m up

走行中の食べ物の補給は無し。水分はボトル一本。500m up位で何かジェルを摂って、1000m upでおにぎりの様な炭水化物をがっつり摂る。くらいな感じが良い気がする。ボトルは単純な水が良いのか、競技用の何かを入れるのが良いのか。多分、後者が良いだろう。

午後練:金勝山2.5本

息子ちゃんをそろばん教室の送迎してから、午後は塾に行くという事で、時間が空いた。

塾のお迎えは行かなければならないから、3時30分くらいまで時間が取れた。早速準備して金勝山へ車輪行。

山中越えでも良かったのやけど、流石に少し飽きたから、ロケーションを変えた。

13時過ぎに到着し、3本登るつもりでスタート。取り敢えず、ペースは500m up(降り含めて)1時間。

1本目(430m up):31:29
2本目(430m up):36:11

最初の500m upは大体1時間でクリア。でも、暑い。それにしても暑い。36度位あったのかな?蓼科はもう少し涼しいのだろうけど、30度以上はありそうだ。当日の天気は曇っていれば良いのだが。。。

3本目は時間が無かったのと、暑すぎたのもあり、キリの良いところで1000m upで終了。3本目の序盤〜中盤のゴムの壁を少し越えたくらいで1000m upになる。

1000m upで2時間ちょい過ぎた。暑さのせいで、2本目後半から、かなり垂れた感じがある。

昼ごはんをバナナ2本。エナジージェル、レッドブルだけで済ませてしまったのと、ライド中はボトル1本やったのが要因やったと思う。

やはりエナジーを注入するだけでなく、炭水化物をがっつり摂らなければアカンという事が分かった。あとは水分補給。ボトル一本では足りないから、ロードバイクに1本、もう一本をジャージのポケットに入れて走った方が良いだろう。

ビビり過ぎなのだろうか?と思うが、準備だけでもしっかりやって、あれを準備しておけば良かったというような事は無いようにしよう。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント