ロードバイク:PEAKS対策練: 花背裏花背花背花背裏花背

01-ライド

日曜日もPEAKS対策練。しばらく休日はこれかな。土曜日のライドが脚に響かなかったのはイナーメ棒のおかげとしか言いようがない。脚に筋肉痛もコリも無い。だるさも無い。筋膜リリース最高。

さて、起床は6時頃。スタートしようと思っていた時間に起きるとは、、、。いそいそと準備してまた車輪行で鞍馬まで出発。
朝ごはん食べて、7時半頃にスタート。脚は余裕やけど、身体がだるい。まぁ、TTやるわけではないから良いのやけど、あまりペースが上がらない。

う〜ん。一本目は普通にクリア。前にえっちらおっちら登っている人がいたから、その人を抜いたら頑張って付いてきた。ゴール地点で「これから何処へ行きますか?」と聞かれて、咄嗟に「芹生峠から貴船へ」と答えたら「あっちは道が荒れてるよ」と。「知ってます笑」。昨日登ったばかりですから。

美山方面に降りながら、本当に芹生峠行くかどうか迷ってきた。パンクしたらせっかくの練習が台無しやしな〜と思って、結局やめて裏花背へ。降ってきた道をまた登る。狂気だな、と思いながら登る。裏花背は表花背と違って斜面が緩やかやから楽ちん。でも、距離が長いし獲得標高も低い。表花背が5kmで500mに対して、裏は8kmで350m。裏花背も普通にクリア。この時点で少し腹の調子が悪くなる。

京都側に降りて、また花背。暑い。以上に暑い。リュック背負っているからか。背中からの汗が半端ない。でも、時々吹く風が気持ち良い。花背二本目もクリア。おにぎり補給。また裏花背行こうかと思ったけど、効率悪いし、腹が痛くなってきたから京都方面へ降りた。

とりあえず車に戻ってリュックを置いてトイレ探し。コンビニまで結構遠いから、コンビニ行くくらいなら、終了やなと思いながら探したら、鞍馬駅の看板に目が止まった。

駅なら絶対にトイレあるはずや!と思って入る。ビンゴ!あった。入る直前に、怪しい動きをする電車オタク風のオッさんに声かけられて「何処からきたのですか〜?」「僕も昔ロードバイク 乗ってました〜」と普通に話してくれればごく普通の会話なのやけど、あまりに動きが怪しくて会話が頭に入ってこない。笑 しかも俺は早くトイレに入りたい。

適当に話してトイレへ。スッキリして外に出たら、電車輪行で来た若者グループに話しかけてた。若者達も困った顔してたのが面白かった。

トイレ行ってスッキリしたので、花背もう一本行くことに。おにぎり入ったリュック背負ってないから軽い。ついでに自分の軽量化もしたからか、一本目よりスイスイ登れる。リュック付きはアカンな。やめておこう。でも暑い。汗が吹き出る。いうても曇りで山の中走ってるのにこんなに暑いとは。。。夏本番になったらヤバいな。

半分登ったあたりでバテた。あれ?脚はまだ残ってるし、さっきおにぎり補給したばかりやからハンガーノックでもないぞ?と思ったけど、よく考えたら昨日も登ったな。CTLは▲36.48やし、身体全体の疲労は溜まっていたのやろう。単純にバテた。

ヘロヘロになりながら登り切ったら、獲得標高が1850mくらい。

あ〜2000mは行きたいな〜と思ったけど、また花背を登る元気無いしな〜と思って裏花背へ。何とか登りきって獲得標高は2200m。

土曜日は102km 5時間30分走って同じくらいの獲得標高で、日曜日は72km 4時間30分。やはり、土曜日は佐々里峠に行ったのが時間のロスにつながったのだろうな。日曜日の方が坂効率は良かった。このペースならPEAKSもなんとかなりそうな気がする。あとは、補給をどのようにうまくこなすかというところか。

しばらく時間が取れる土日は狂気なPEAKS練にしておこうかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント