ロードバイク&筋トレ:筋トレをした後にロードバイクに乗る効果

01-ライド

昨晩は久しぶりの筋トレ。
海外出張に行ったり、その前後は事前準備で忙しかったり、飲み会が入ったりして今月はまだ7回しか行けていない。今日から毎日行ったとしても12回か、、、さぼりすぎやな。(別にさぼっていたつもりはないが)

さて、昨日はまずはガッツリと脚の筋トレ。いつもの様にレッグプレス片脚ずつ。重量は20kg。(マシン自体の重量は分からない)
25回 x 3セット。重量は軽めやけど、25回という数字は大きい。18回目くらいで脚が悲鳴を上げてプルプルなってくる。何とか完遂。

後は胸の筋トレ全般。右肩が痛いのが気になる。どれも負荷は軽め。種目を多くこなすスタイル。

帰って、ロードバイク練。
プロフェッショナル仕事の流儀が、腰痛のお医者さんの回で、つい23時近くまで見てしまったので出発が遅れた。
しかも、夕ご飯はコンビニで食べなければならなく、ローソンで10分程度時間がかかった。

いつものごとく、琵琶湖大橋タッチライド。
20分 SSTでレッツゴーしたものの、スタート時間を見誤って、ゴールと思ってラップした時間が16分13秒やった。。。
気が抜けてしまい、そこから上げる事が出来ず終了。結局、16分 NP235W。

筋トレで脚を攻めたせいか、復路で上げる事ができなかった。筋トレをした後は、ロードバイクに乗った方が良いと言う。トレーニングした筋肉と脚の動きを連動させる必要があるらしい。筋肉と神経を連動させるという意味なのだろう。そう考えたら、筋トレの後でもロードバイクに乗る事に意味がありそうだ。正直、昨日は脚が辛すぎて、終盤は全く力が入らなかったけど、ケイデンスを上げる事でペダルを回す神経とつながった気は何となくする。(完全にプラシーボやと思うけど)

以前、ペダリングを意識する為には低ケイデンスで高強度でやった方が良いと書いたが、もしかしたら低強度・高ケイデンスでやった方が良い気がしてきた。120rpmくらいでくるくる回している時に、変なタイミングでペダルを踏んでいると、お尻がサドル上を飛び跳ねてしまう。綺麗なペダリングでくるくる回す事が出来ればパワーロスも減っていく気がする。

往路で20分 SSTをやった後は、高ペダリングでペダリング練習もやっておいた方が良いきがしてきた。

琵琶湖大橋についた時点で既に0時を回っていた。

後はゆっくりポタリングペースで帰宅。TSS 84.7。。。まぁ、そんなものだろう。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント