ロードバイク:朝練と筋トレ/ トラブルにまみれた一日

01-ライド

昨日も朝練。脚はまだ長野に行ったっきり戻って来ない。筋トレは腕・肩・体幹。
仕事はトラブル対応に追われた一日やった。生産性は無くて精神的にはシンドイけど、トラブル発生時こそが担当者の真価が問われる。そう考えて対応すると、わずかながらやる気が起こる。そんな一日。

ロードバイク

朝練:山中越え東L1本

昨日は起床は5時45分。K練には間に合わず単独練。しばらくはSST走でベースアップしたいので、単独でもしっかり走ろうと気合い入れて出発。

夏場のような暑さのピークは過ぎた。今、実走練をやらなくて、いつやるのだ?というほどの良い気温。

あと1ヶ月経ったらきっと寒くて辛くなってくるだろう。

今年の冬はどうしようかな?やはり実走するか、ローラ台練に移行するか?悩ましいところだ。

昨日も山中越えでは朝から何人かとすれ違った。最近、走ってる人もいるから凄い。

土日の朝は(平日もかもしれないが)京都側ではスキーのクロスカントリーの練習で、登ってる人もいるから山中越えは色んなジャンルで良い練習場になっているようだ。笑

SST走。230Wを基準に走る。
激坂区間は少し上げ気味で攻めるも、半分で撃沈。

お店前を通過してから、胃を掴まれる様な感覚と一緒に身体の力が抜けていく。ハンガーノックだ。。。

結果、
16:39 NP234W

何とか234WでSSTは出来た。K坂さんは今朝はNP332Wで登ったらしい。まさにケタか違う強さだ。

とにかく地道にSST走やってFTPを上げていくようにしよう。

筋トレ:腕肩体幹

昨日の筋トレ腕と肩と体幹。体幹も地道に鍛えるしかない。

お仕事

トラブル対応

誰もが遭遇したくないのがトラブル。

昨日は一日中トラブル対応していた感じやった。自分が技術者で、自分自身で解決できるのであればストレス無いのだが(いや、あるか)、自分ではどうしようもないから、相手と技術者との間をとりもつ。

仕事というのは、トラブル対応時こそ担当者の真価が問われると思う。嫌な仕事ではあるが、嫌々やると初動が遅れて手が付けられないようになる。

実際、過去にも何度も経験したし、今でもたまに経験している。

ポジティブに取り組む事が出来れば、負のスパイラルから抜け出す事が出来るのだろうが、焦れば焦るほどどんどんとハマっていく。

担当者はそんな自分の状況を客観的に把握することは出来ない。(こうして、日記のようにして振り返る習慣があれば別だが)

そういう時は、周りが声をかけて状況整理させる必要がある。どんな状況なんや?と。基本的には担当者が一番状況を理解していて、落ち着いて考えれば解決までの道のりは分かっているハズ。だからアドバイスを求められるまではアドバイスしない。

あとは、自分の手に置いておく時間をとにかく短く。ラグビーと同じで、持っていると誰かにすぐにタックルされてしまう。タックルされて倒されたら、またスクラム組んで、、、ととにかくめんどくさい事になる。だから、ボールは速攻で離す事。これに尽きる。そうすれば、いつの間にか解決している。

誰かに仕事を押し付ける、というのでは無く「出来る人が、出来る範囲で速攻で対処する」というのが重要なのだ。上手いように言い換えている訳でもなく、実際、これに尽きる。

出来る人が、出来る範囲で速攻で対処しないと、どんどん火は広がっていく。

さて、、、昨日のトラブルはどうなったのだろうか?俺がパスした相手は対処してくれているのだろうか?朝一で確認しておこう。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント