ロードバイク:息切れを改善させる方法を調べてみた

01-ライド

昨晩は筋トレ。時間がなく体幹のみ。
夜練しようかと思ったけど、よく考えたら今週末はTOEICのテストやった。。。全然勉強できてないし、900点どころか800点も怪しい。。。DNSが頭をよぎる。今週末までは夜練出来ないな。

必殺、ファミレスで勉強しようか、、、でも体重が、、、。

今朝はK練。自分の走りを分析してみた。
今日は、身体のどこが一番最初に根を吐くのか、観察。

ロードバイク

昨晩の筋トレ:体幹のみ

体幹をがっつりやった翌日(つまり今朝)は、いつも腰が痛い。

フォームが悪いのか、体幹に効いた証拠(筋肉痛)なのか、サッパリ分からん。

とにかく、今朝も腰が痛かった。特に臀部側面上部の痛みは気分を萎えさせる。

朝練:K練:身体の1番弱いところ

今朝は、身体のどこが1番最初にくたばるのかを観察。

結果、【呼吸】であることが分かった。

脚は何とか大丈夫。大臀筋と大腿四頭筋、ハムストリングを使い分けながら、良い感じで負荷を分散出来るように少しずつなってきた。だから、ギリギリではあるけど、大丈夫。

でも、息が先に上がり切ってしまった。

息が上がるメカニズムは何なのだろうか?
色々とネットで探したものの、しっくりくる情報が見つからなかった。

身体が酸素を欲しているのは確かなのだが、それが、肺が欲しているからなのか、筋肉が欲しているからなのか、血液中の酸素濃度が低下するからなのか?イマイチ分からない。

呼吸筋というものがあるらしいが、それを鍛えれば最大酸素摂取量は上がるらしい。でも、それで持久力が上がるとは確実には言えないらしい。奥が深い。

1つ言えるのは「深く息をする事」が重要らしい。息をした時に、無駄になる酸素が一定数あるらしい。肺に取り込まれず、外に吐き出される酸素。これは、深く息を吸った時の方が少ないらしい。

これまで俺は、「二回吸って二回吐く」という方法で呼吸をしていたけど、「一回吸って、二回吐く」が正解らしい。

明日からしばらくこれを試してみよう。

ちなみに、今日のK練もしんどかった。

激坂が終わるところまではK坂さんに付いていけた。
今日はお店前のロングスプリントにどれだけ付いていけるかチャレンジかなと思っていたら、お店前で息が上がってしまい終了。(笑


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント