ロードバイク:PEAKS対策練:金金金金勝山ヒルクライム:初めて雲海が見れた

01-ライド

今週もPEAKS対策練。早く登れる身体にしなければ。

ロードバイク練

金勝山(ルモン)@滋賀県栗東市

PEAKS蓼科までにとにかく登っておきたい。しばらくロードバイク練は平地で乗っていたから、登れる身体にしなければならない。

今日は土曜日だが出勤日。PEAKSまで時間がないのに会社なんて行ってられるか(本音)/有休奨励日やから有休は取るべきでしょ(建前)。という事で会社は休んで朝からクルマ輪行で金勝山へ。

タイムリミットは10時。5時から5時間登りたかったが、いつもの如く寝坊。6時からのスタート。4時間しかない。1本登りと降りで約1時間。という事で4本しか登れない。獲得標高で1700mくらいかな?という事で4本の20分SSTをやる事に。いわゆるFTPの80〜95%のL4レベルってやつだ。

まず、一本目。
連日の雨で道が悪い。今日も朝まで降っていて路面はウェット。グレーチングで後輪が滑るも、富士あずみラインの恐怖のグレーチングを経験している俺にとっては屁でもない。

富士あずみラインは勾配が鬼キツなくせに、道がウェットやからグレーチングでめちゃくちゃ滑る。何度転倒しそうになったか。

流石に一本目。パワーが上がる。でも、クルマ輪行で来て直ぐに坂に入ったせいか、脚がまだ起きてない。

半分くらいまで来てようやく掛かり始める。掛かり始めると言えるほどの強度で踏める脚では無いのだが、、、。

1本目は調子良く20分 NP225Wで終了。

降りはめちゃくちゃ慎重に。基本的に路面がウェットの時はアウトインアウトでバイクはほぼ寝かさない。ラインをしっかり引いて真っ直ぐ降る。これは鉄則やと思う。

2本目。まだ脚は活きている。20分 NP220W。
3本目。少し疲れた。20分 NP210W。

3本目終わって降っている時に、どてるしで知り合ったナガタさんとすれ違う。多分、他のショップの人たちとのライド。やはりめちゃくちゃ速い。昨日のツールドフランスのアラフィリップの様な感じで勢いよく登っていた。山によってはヒルクライム界の有名人よりも速いタイム持ってる。でも、大会に出ない人やし、惜しいな〜。

4本目。少し復活。20分 NP218W。

これで今日のライドは終了。
3時間で45.58km / 1842m up

PEAKS蓼科は12時間で5400m upやったかな?このペースを維持できればクリア出来そうやけど、このペースであと3セットは不可能や。。。12時間でギリギリ達成できるかどうか、ってところかな?5400m upなんて経験した事ないから、不安しかない。

とにかくパワー落とさず、体重減らして準備だけはしっかりしておかなければ、後悔しかないだろう。

明日も金勝山練かな。。

金勝山で雲海を見れた

きっと、
・今朝まで雨
・夏で暑い
・天気が曇り
などの色々な要素がマッチしたのやと思うが、今朝は金勝山で雲海が見れた。

雲海見たのは富士山と飛行機の上以外では初めてかもしれない。しかも、金勝山なんて標高の低い山で見れたのはスゴイ偶然やと思う。

金勝山の主のT野君ですら見た事がないらしく、かなりレアな景色を見れた。ラッキーとしか言いようがないな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント