ロードバイク:灼熱の花背記録会でPB更新!

01-ライド

昨日はK坂さんに誘ってもらい、花脊記録会に参加。京都のトレック店の方達が集まって、一緒させてもらった。何とかPBを更新できたけど、地獄を見てきた。そんな話。

ロードバイク

花脊TT:灼熱の花脊で自己ベスト更新した!!

昨日はK坂さんに誘ってもらい花背TTへ参加。
一応、先週は体重を落とすべく調子よくピーキングしてきた。お昼はサラダにしたりして、67kg台になっていた。でも、金曜日に会社の飲み会が入り、少し体重が戻る。
これはまずいと思いながらサウナに行って、67.4kgまで落とす。64kgくらいまで落ちなけば身体が軽くなった気がしないのだが、最近はこれくらいの体重が一番調子が良い気がするからまぁいいか、と思っていたのだけど、土曜日の晩に奥様がビールを6本セットで買ってきてしまい、4本+酎ハイ飲んで無事ピーキング失敗。

6:30にK坂さんと待ち合わせ。少し前についたら既にK坂さんがいた。
まず、ファミマでがっつり朝ごはん。おにぎり2個とサンドイッチ1つ。
6:30少し過ぎに出発。前日に「山中越えはゆっくりでお願いします」と念を押しておいた。K坂さんに先に行かれたら、きっとスイッチが入ってしまい、山中越えで燃え尽きてしまう。K坂さんも花脊の時はゆっくり行くらしく、ゆっくりペースで前菜の山中越えは終了。

京都に降りてからも、ゆっくりペースで花背入り口のコンビニ到着。塩おにぎりとエナジードリンクとコーヒーを注入。ちょっと補給を取りすぎたかもしれないが、気にしてもしょうがない。

続々と集まってくる。皆、ロードバイクからオーラが出ている。総額1000万越えやな、、、これはヤバい記録会になりそうだ。

メンバー集まり、鞍馬駅へ。
ん??速くないか?すでに始まってる?まさか、これで流しているペースなの?ここで千切れたらめっちゃ恥ずかしいやん。めっちゃビビりながら脚を使いすぎないように丁寧に付いて行く。

鞍馬駅で写真撮影。何とも言えない良い人が写真を取ってくれた。今日イチ爽やかな風を感じた。

少したって、全員集まりスタート。

スタート直後に花脊24分台のT中さんがグイグイすっ飛ばす。マジで。。。?スプリントやん。花背ってそんな短い峠やったか???24分台を出すにはあれくらいで行かなければならないのか??と思いながら見送る。

皆追わず。集団は冷静さを維持。
でも、速い。俺にとってはかなりのオーバーペース。というか、レースの強度。このままでは500%タレる。分かっていたけど、何とか食らいつく。なぜなら、序盤に平坦が少しあるから。そこで誰かの後ろに付きたい。

息を整えながら丁寧に走っている余裕もなく、すでに息は上がっている。

平坦区間でちょうど、Y田さんが前にいた。ツキイチおじさんになって、後ろに付かせてもらう。ソロではこの平坦区間をこのペースでは走れない。

平坦区間が終わって、ツキきれないおじさんになってしまい、Y田さんはどんどん離れていく。相変わらずケイデンス高い。K坂さんやN田さんやK川さん達もどんどんと離れて行く。ツキきれないおじさんは、次の目標を探す。その時に、オレンジトレックのKガタさんに抜かされる。(多分この辺だったような気がする)

何とか食らいついていきたいが、離される。速い、、、。

今日は心拍計が通信途絶えていたようで、どこまで心拍上がったか分からないが、明らかに190bpmは越えていたように思う。

毎回、190bpmを越えて意識が薄れてくると、あいみょんの「君はロックを聞かない」が頭を流れる。「僕の心臓のBPMは190になったぞ」というフレーズが流れた後に「君はきづくのかい?なぜ今笑うんだい?」と続くが、そりゃ笑うやろ、こんな汗吹き出しながら、鼻水とヨダレ垂らしてゼーハーゼーハー言っていれば。

汗が半端ない。バーの上にボタボタ落ちるし、手からも道にボタボタ落ちて行く。脱水にならないように水分をとる。プロテインやった。。。そういや、K坂さんと合流した時に、ファミマでプロテイン入れたわ。甘い。。。甘すぎる。プロテインの白い液体が手と脚に落ちた。なんか変な光景だ。アカン、、、いろいろな意味で水にしておけばよかった。

そうこうしているうちに、オレンジトレックのKマダさんが落ちてきた。抜いたら、頑張らなければならない。が、今日は頑張る為にきたのだから、と抜く。

次なる目標、赤いトレックF田さん。花背なのに重たいサーモス・ボトルで来はったのには驚いた。サーモスおじさん(*おじさんという歳なのか分からないが、、)は5〜10mくらい先を走っている。何とか追いつこうとするも、追いつかない。追いつかないけど離されない。きっと、同じようなところで踏んで、同じようなところで休んでいるのだと思う。シンクロ率すごい。

全然追いつかない。暑い。それにしても暑い。頭が痺れてきている。息は上がっているし、めちゃくちゃシンドイ。人間、しんどさの一線を越えると泣きたくなってくる。マジで泣きそうになってきた。大人の意地で涙は堪えた。

スタート地点から、百井別れまでのタイムは前回のPBから1分も速かった。そりゃ涙も出そうになるわ。Wは250くらい。FTP238Wおじさんのキャパを明らかに越えている。

百井別れを過ぎて、残り1.8km。山中越えで言えば中間地点の看板越えたあたりか、と思って気合いを入れ直すも、暑さですぐに気分が萎える。しんど過ぎて5回ほど脚をつこうかと思ったが、目の前にはまだサーモスおじさんが良いペースでいる。ここで脚を着くわけにはいかない。と思い、踏みとどまる。

つづら折れを通りすぎるたびに、あれ?さっき通らなかったか?と思う。最後1kmくらいのところで坂が右上の方に伸びて行くのが見える区間がある。あれを登ればゴールや!と毎回勘違いする。

サーモスおじさんがダンシング。ロングスパートか?やばい離される。。。。俺もダンシングや!ほるぁぁ、、、ウプっ!アカン。アカンものが出る。シッティングで頑張るが、どんどん離されていく。速い。軽い自転車にサーモス積んでいるのに速い。。。

Wもどんどん下がって行く、、、黄金のタレだ。

それでも、タイムは28分台でいけそうな感じやから、もしかしてPB更新なるかもしれないと思って、黄金のタレまみれおじさんは、最後の区間は頭真っ白になりながら踏み倒して終了。

百井別れからゴールまでは自己3番目の記録。PBから43秒遅れ。
ゴール前300mの記録は自己2番目の記録。PBから4秒遅れ。

結果、花背TTはPBから11秒更新して、28:47でした。
最初飛ばし過ぎた感じはあったけど、最初飛ばさなかったらここまで来れなかっただろうし、ヒルクライムは難しい。

この気温でソロでは絶対に出ないタイムやし、皆で走ると実力以上のものが出るから楽しい。

色々な人と色々と話せて良かった。

メインコースの花背の後は、K坂さんとデザート:山中越え(京都)を食べて帰った。

分析

正直、もう少しタイムが短くても良かったのではないかと思うくらいのしんどさやった。何故ここまで記録が伸びなかったのか?
・気温:35度を超えていたと思われる灼熱地獄だった。途中から「苦しい」というよりも「暑い」としか思えなかった。気持ちが萎えてしまった。
・序盤のハイペース。スタート直後、一気に速度が上がった。K坂さんは抑えて走ったと言っていたものの、平坦区間まではついて行けたのだから、明らかに俺にとってハイペース。百井別れまででPB 1分も更新していたことから、明らかに序盤に飛ばし過ぎて、後半は踏む気力が失せていた。でもせっかく皆で走るのだから、集団内で走っておきたいという気持ちが強かったから、仕方がないかな。
・ドリンク。水にするべきやった。

次は、もう少し涼しくなってから花脊を攻めてみようかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント