ロードバイク:ケイデンスは高い方が良いのか?低い方が良いのか?

よく、ロードバイクは軽めのギアでクルクルとケイデンス90以上で走った方が良いと聞くけど、俺の考えは違う。

ペダリングが綺麗ならクルクル回した方が脚の筋肉への負担が軽くなって良いかもしれないけど、ペダリングが綺麗でない段階では、ある程度重ためのギアで、踏むべき位置/抜くべき位置を感じながらペダリングをした方が良いと俺は思う。

そうしなければ、踏むべきではない下死点で思いっきり踏んでしまう事になる。下死点で踏まない様に、円を描く様にペダリングをするのが理想なのだが、そんな神がかったペダリングが出来る人はあまりいないやろう。だから、1時から3〜4時くらいまで踏む感覚が必要。

ちなみに、引き足はあまり考えなくて良い、らしい。

それを考えると、ある事が分かる様になる。つまり、

初心者:ある程度重いギアをケイデンス60〜70くらいで回す。そうすると、重いギアを踏む事で、脚の筋肉が付いてくる。ケイデンスが低いから、1時〜4時くらいで踏んで、残りを抜くという感覚が付いてくる。

それを続けて行けば、中級者レベルの脚とペダリングスキルが付いてくる。そこからケイデンスを80〜90レベルに上げる。多分、その頃には脚が出来てくるから、ギアを下げなくてもケイデンスだけ上げる事が出来ると思う。
上級レベルになると90〜120位になると思う。

この動画を観てみると分かるが、ヒルクライム・エンターテイナーの兼松さん(フォーカスのカラフルなロードバイク)のケイデンスはメチャクチャ高い。

さて、俺のケイデンスはどうか?と言われると、230W 20分の時に、70-80の間。初心者と中級者の狭間って感じかな。

まだまだ高ケイデンスを維持しながら高強度を出せるには至らないな〜。修行あるのみ!

ちなみに、俺が見ても超綺麗なペダリングは、カンチェラーラ。TTバイクやから少し違う感じがするけど、綺麗。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント