新元号は令和(れいわ)/ 令和の意味と、令和に込める我々の想い/ 今晩の筋トレは胸の日

04-筋トレ

新元号が発表になった。

令和(れいわ)。

菅官房長官によると『万葉集』より梅の花の歌、三十二首の序文「初春の令月にして気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」によるもの、らしい。

よく分からん。

安倍首相のコメントによると
「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を込めたらしい。

識者によっても解釈が違う。

阿辻名誉教授
「世の中を平和にさせる、という穏やかな印象にあふれている。世界が調和され、平和が永遠に達成されるというメッセージが込められているのでは」

的場順三氏
「神様のお告げで、これから春になって和を保っていこう」

阿辻名誉教授
「世の中を平和にさせる、という穏やかな印象にあふれている。世界が調和され、平和が永遠に達成されるというメッセージが込められているのでは」

令和という言葉があるわけではないので、この言葉に込める想いは人それぞれで良いのだろう。

それでも、人は言葉に意味を求める。言葉は言霊となって魂を持つようになる。だから、何かしらの意味は欲しい。「レイワ」はチベット語で「希望」の意味があるという。

子供たちは令和の時代を生きる事になる。希望に満ちた時代にするためには、土台を作る我々がしっかりしなければならない。

元号が変わっても何も変わらないはずだと思っていたけど、身の引き締まる思いだ。(まだ変わってないけど)

さて、今日は胸の日。
ベンチもだいぶしんどくなってきた。インターバルの時間も増えてきたから時間がかかる。でも、インターバルを短くして少ない回数になるよりは、インターバル長くして、より多い回数、筋肉に刺激を入れた方が良いらしい。

今回は、まだ肩も痛くならないし本当に良い感じ。少しずつ重量を増やす作戦が功を奏ししている。

さて、帰ってローラー台練やろう。

コメント