保険を再考/ 淀みないプレゼンはどこから来ている?

今、色々な保険をかけていて、一度再考しようと思っている。

正直、あまり理解していないまま周りに薦められるがままにかけている感じ。

流石にこのままではアカンかな、と思っていた矢先に奥様が職場の同僚から紹介された保険会社の人と面談をしてきた。

今日は、保険の一般的な話と今後のライフプランに対する説明を受けた。一般的な話の流れ。職業病か、どの様に話を持って行って、俺らを納得させるのかな?という興味ばかりが先立ってしまい、あまり話が頭に入ってこない。笑

ただ、正直、こういうものは相手がどれだけ信頼できるか?という点が重要だと思う。保険の内容ももちろん重要やけど、最終的には信頼できる人と契約を結びたい。

プレゼンを聴きながら、淀みない説明に「この人は何度もこういうプレゼンの練習をしてるんなろな〜」「こういう会社の教育プログラムがしっかりしてるのかな?」などと思っていた。

もし、教育プログラムのお陰で、この様な淀みないプレゼンが出来ているのであれば、凄いことや。うちの会社はこういう教育プログラムは皆無。一般的な企業があるのかどうかも分からないけど。でも、営業の仕方なんていう教育プログラムはあっても良いと思う。会社が営業に対して売上を強要するのであれば、会社側もそれなりの準備は用意する必要がある。と個人的には思う。

俺は会社から営業の仕方なんて教育を受けた事も、調達の仕方なんて教育を受けたことも無い。ほぼOJT。それってどうよ?って気もするが、一般的にどうなんやろう?
会社は通信教育や外部研修を推奨してるけど、それってうちの会社の営業や調達に本当に役立つのかって誰が検証したのだろう?疑問だ。

と保険とは全然関係ない事を思いながら、面談は終了。まぁ、普通に良い感じやったから、前向きに進めていこう。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント