ツール・ド・10連休:第3ステージ:大台ケ原(後半)/ 死にかけた。。。

01-ライド

県道40号線に入る。ここから大台ケ原ドライブウェイが始まる。19.2km。地獄の始まりやった。

この道、こんな表示が100m置きにある。

つまり180やったら、ゴールまで18kmってことだ。

コースプロフィールはこんな感じ。

後から振り返れば、序盤の3-4km位が一番斜度がキツくて「え?これがずっと続くの?」って感じで心が折れた気がする。イメージは花背や、山中越えのお墓前の坂。こんな感じの坂が序盤は続く。

それ以降は若干斜度は緩くなるものの、緩斜面って程ではない。これがずーっと続く。

残り12kmくらいで力が入らなくなり、ポカリが底をつく。。。残り10km付近で完全にハンガーノック。全身から力が抜けて休憩を入れながら上る事となる。

幸い、脚が攣る事は無かったが、最後のコンビニで補給食を全く買わなかった事ばかりを悔やみながら「ここで無念のリタイヤか?」と思ったけど、確か頂上にお食事処があったはずと気合いを入れる。

でも、すぐに力つきる。スマホで調べると、終盤は斜度が緩くなり、下り坂も出現するらしい。

でも、なかなかその緩斜面か出てこない。この斜度のまま10kmも上ったら大気圏突入するぞ?と本気で思ってしまうほど、シンドくて思考回路がぐちゃぐちゃやった。

乗鞍にも上った事あるし、富士国際ヒルも八ヶ岳も参加した事があるし、この程度の坂、、、手こずるハズが無いのだが、、、。ハンガーノック、恐るべし。ハンガーノックを舐めすぎていた。

残り5kmくらいは山頂で思いっきり食べる事だけを考えて一番軽いギアをクルクル回すだけ。それでもシンドい。

満身創痍で何とかゴール。まさに満身創痍。全身震えるし、死ぬかと思った。
ガーミン君も死にかけていたから一応写真撮っておいた。TSS358.5。。。

写真を撮りまくる余裕もなし。大台ケ原ビジターセンターはこんな感じのところ。

お食事処に入って、とにかくボリュームあるやつを頼んだ。カツカレーとうどん。

ドデカミンも2缶飲んで何とか回復。一度ハンガーノックになると食べた直後に回復はしないようやけど、カラっ空の身体に染み渡る。しばらく放心。。。

帰れるかな〜と不安ばかりが募る。

取り敢えず、来た証拠を撮影。もっと体力的にも時間的にも余裕があればな〜。

頂上は寒い。でも、伊吹山のゴールほどは寒くない。でも、冬用のジャケットはあった方が良い。真夏になればどうなのか分からないけど、4月末はまだ寒い。

ここから、下って帰ることとなる。
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへにほんブログ村 自転車ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント