ツール・ド・10連休:第1ステージ大正池〜堂仙房〜信楽 TSS 329.7/ 大正池はPB/ この休みは企画書を書くぞ!!

01-ライド

ツール・ド・10連休。初日の第1ステージは大正池〜堂仙房〜信楽。

体重は朝起きて69.2kg。この連休は何か目標を持って過ごしたいと思う。体重は64kgまで落としたいな〜。

先週はこのコース走ったらケツの皮が剥けたから、今回はしっかりChamaois Cremeを塗っておいた。

木曜日の夜から脚を休めていたお陰で朝から脚の調子が良い。やたらと強度が上がる。

パワーメーターの校正が変なのかな?と思って再校正したほど。でも、強度は勝手に高い。それ程踏んでる意識は無いのに。

今日は寒かった。あと爆風。ロードバイクが何度も風に煽られて怖かった。

南郷洗堰。意外と外の建物と一緒に観ると全体のデザインが良い感じ。(この写真では収まりきれてないけど)

でも、調子良く進む。

この橋、随分と前から造っているけどいつ開通するのだろうな?

今日は初日やからあまり無理しないでおこうと思い、猿丸神社前の坂も強度を抑えながら無理せず上ったけどPB。

猿丸神社で初めて降りた。

ここ、百人一首で有名な句に関係の深い神社やったんやな〜。この句は未だによく覚えてる。

猿丸神社を過ぎて大正池へ。爆風や。。。
今日は10連休の初日。。。あまり無茶してしまっては残りのライドに影響が、、、、。と思ったけど、脚の調子がこんなに良いのに抑えられなかった。

スタートと同時に強度を上げる。
LT強度を維持。平坦区間でも踏んでいく。心拍は160-170くらいに入れながら。

田中選手のツイッターで56監督が前輪のハブがハンドルの前から見えるくらいのポジションが良いという事を言っていたらしいから、ちょっと試して見ることに。で、イメージはグイグイと踏んでいくイメージで。佐野選手ほどグイグイと踏めるほどの脚はないけど、軽いギアをクルクルと回しまくるよりは、70-90rpmくらいでグイグイと踏んでいく方が俺の脚にあっている感じがする。

ギアの選択の仕方が最近ちょっとうまくなってきた様な気がする。自分のちょうど良い強度になるようにギアを常に入れ換えてながら走る重要性が理解できた感じ。

ギア変則を頻繁にするようになって、はじめて電動コンポが羨ましくなってきた。
電動であれば変則が楽なんやろな~と限界近いところで踏んでいると思うようになってきた。電動にする日は近いか?(笑

息を整えながら走る。最近は脚が足りなくなるというよりも息が続かず失速するケースが多くなってきたような気がする。最後の坂でもがけるようになるべくそこまでは息を整えながら。

最後の坂に突入。結構良いペースで走ってきたから多分PBは更新できるなと思いながらも、あと900mくらいもがくだけで終了だ!と気合いを入れ直す。息が一気に乱れる。2回吸って2回吐くを繰り返していたのだけど、2回吸って1回大きく吐く、になって、最後はどうやって息をしていたのかすら覚えていないほど。(笑

結果
・23分47秒
・av 241W
・av 167bpm
・av 19.6km/h

自己新
タイムは前回の24分59秒から1分12秒の更新。長いこと抜けなかったM井さんのタイムを抜いた。一気にここまでタイムが縮まると以前までなんやったんか?という気もしてくる。前回のベストタイムが2017年4月1日やったから、約2年かけての大幅更新となる。かなり嬉しい。

大正池を越えて、今日はコンビニで休憩。
大福を食べてハンガーノック対策。途中MATRIXのジャージを来た人がいた。なんかゴッツイ自転車乗っているな~と思って見たら、ピストやった。

休憩後は童仙房へ。

大正池で力尽きたけど、少し休んだお陰で先週よりは踏めた感じ。

上っている最中に色々と仕事の事に関するアイデアが頭に浮かんできた。あまりに頭に浮かんでくるから、途中で何回か止まってスマホのメモに記録。今年は一度企画書のようなものを書いてみたいと思っている。

生産部門から企画書を書いても変ではないだろう。企画書は企画部門の専売特許というわけでもない。
うちの会社を見ると、こういった企画書のようなものを気軽に提出するという文化がないように感じる。プロフェッショナルとか見ていると、一流企業は企画書もってプレゼンをしてプロジェクトにしてもらうというような場面が多く見られるけど、そういうような風土がない。すでにトップ企業であって、その地位に長いこといるから完全に平和ボケしているとしか思えない。

核心的な何かを生み出す力が失われている、というよりも普段の仕事が忙しすぎて、皆それどころではないのだろう。普段の仕事をもっと楽にする方法というのを何故考えないのだろうか?それすら考える余裕がないという状況なのだろう。

という事をこんなブログで愚痴っているだけでは何も変わらないし、自分自身が惨めに思えてくる。
なので、この休みを使って企画書なるものを書いてみたいと思う。自分自身初めてやから、どんなものが出来て、上の人からどのような反応が返ってくるか分からないけど、この経験から失うものはないからやってみよう。

俺も、調達部門に来て6年。色々な意味で大きな成果は出したと思っている。これ以上居たら、俺の鮮度が無くなって腐っていってしまう事は目に見えている。だから調達という分野を越えたところでの仕事をもうそろそろやるべき時だ。
営業・開発(営業の時に関わっていた)・設計・生産・調達・品証の事を大分理解出来てきて、何に問題があるのかも分かってきている。年齢も今年で40歳だ。転機の時だ。さて、頑張るぞ。

今日のライドはTSS 329.7。(笑

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント