ニュース:G20開幕/ ホスト国の大変さはよく理解できる

G20が大阪で開幕された。このおかげで、大阪方面からの部品の納品は停止されてしまっている。休みにしている会社もあるのではないか?そんな、我々の仕事にも影響が出ているG20なのだが、しっかりとした成果が出せるのか?が興味のあるところ。

会議をやる事が目的となっている会議もないだろうか?「とりあえず、成果はさておき、やりましたよ」とアピールするための会議。んなアホな、と思われるかもしれないけど、良くあるパターン。

ホスト国は大変。今回、大阪の交通網を完全封鎖し、警官も3万人体制らしいが、それ以外にどれだけの人とコストが動いているのか。しっかり機能させるための管理体制も大変やし、各担当者は各首脳が日本を出て自国に到着するまでは夜も眠れない日々が続くのではないか。

こういう会議は、事前交渉や調整はどうなっているのだろうか?すごく不思議。まさかG20の会議の場で議論し始めるなんてアホな事は無いだろう。それほど世界の問題は軽くない。必ず、事前交渉であったり、事前調整があって各国首脳は各案件に対して事前に担当者から話の流れを聞いて、それに沿うように話をするだけだろう。たまにトランプ大統領の様に「交渉は俺に任せておけ」と、その場でちゃぶ台ひっくり返す人もいるのだろうが。

トランプ大統領は色々な政策のちゃぶ台をひっくり返してきているのだが、一つ一つの懸案に対してどの様に着地させようとしているのか、全体像を聞いてみたいものだ。
アメリカファーストなのは分かる。自国の為に動くのは当たり前の話だ。「あなたは自分を犠牲にしても周囲の為に動くべきだ」という奴がいたら、そいつの行動を見てみたい。そんな奴はいないはずだ。ただ、世界の秩序を壊してまで自国の為に動くのは、単なるワガママ。俺らレベルまで落とすと、公共の福祉に反しない限りで、という事になるだろう。

アメリカの大統領が自国の為だけに、という狭い了見で考えているとは思えない、と言うのが俺の考え。アメリカファーストで自国を立て直した先に何があるの?と言う事をまだ誰も聞いた事がない。知りたいものだ。

話を戻すと、事前交渉や調整はどうやってんのだろうな?タイマン会議なら想像はつくけど、20カ国も集まったらカオスな気がする。結局「今回も話はまとまりませんでしたね。まとまらなかったと言うのが結論ですな」となるのだろうか?
いずれにせよ、今回の会議のために色々なアレンジを行っている人たちの苦労、、、、毎年、同じ様に海外から子会社を集めて会議を開催している俺には良く分かる。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント