今日は飲み会/ 自制心が働いた/ 英語上達への第一歩

z-雑談

今週はイギリスから偉い人やら、若手やらが来日。もう、忙しすぎて相手は出来ん!って状態やって、今回は俺は無理やでと言っていたものの、結局三日間のうちの半分は相手をしていたという、、、。

今日の会議はうちの偉い人も参加。通訳ほとんど無しで通したから、今日は大きな第一歩を踏み出したと思った。

誰も最初は話せないし聞き取れない。言語は自分で話そうとするかどうか、が大きな分かれ道。

話せない事を恥ずかしく思って、いつまでも話さない。または、こいつの日本語よりはマシ、と思いながら話し始めるか。

英語を自ら話し始めるというのは勇気がいる。ましてや、英語を話せる人が同じ会議にいると、もっと勇気がいる。(俺でも、海外駐在員のいる会議で英語を話すのは勇気がいる)

流暢に話せないのが恥ずかしい一方で、良い発音( 特に良いRの発音)で話すのも恥ずかしい。よく分からない気持ちが入り乱れる。笑

思い出すのは一番最初の出張。

全く聞き取れないし、全く話せない。あれほど希望して期待した海外出張で味わった絶望。全く使い物にならなかったばかりではなく、サマータイムすら分からず、待ち合わせ時間にも遅れる。。。出張報告すら書けない。大量に用意した資料も役に立たず。

最悪な経験やったし、海外営業としてはおっ先真っ暗な状態やった。

何話してるか分からない相手に対して対峙する時、思ったのは、相手に話させるからアカンって事。相手が話すから、聞かなければならない。

なら、どうするか?

自分が話せば良い。とにかく無茶苦茶でも良いから、自分が話す。相手への質問はYES/NOで答えられるようにする。YES/NOなら何言ってるか分かるから。後は、そのまま、自分が描いた会話のシナリオ通りに話を進めていく。まずやったのはこれ。後遺症は、今でも自分のシナリオ通りにいかないとプチパニックになる事。笑 俺がアドリブに弱いのはここにあるのかもしれない。

ともかく、自ら話し始めるという事はとても重要。今日はその第一歩を見た。あとは喋るのが好きな人やから自然に上達していくだろう。話し続ければ。

いつもの、偉い人達のデカすぎる背中。このポジションに就きたくは無いが、追いかけ、いつか追い越すべき背中である事は間違いない。

今日はウコン飲んだからあまり酔ってないし、自制心働かせてあまり飲んでもいない。さて、これからコンビニで週報でも書くかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント