【インド出張】8日目&9日目:ヒンズー教と牛:CowとOxは違う

08-出張

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

今朝からムンバイに向けて移動。
ベルガウムってところから、ムンバイへ飛行機移動。

ベルガウムに向かう時に、何台かロードバイクで走っている人達を見た。実はロードバイクで走っている人達を見たのは今日が初めてではない。今回の出張で何回か見ている。ロードバイクの流行の兆しか?

今日見かけてた人達は、黄色いベストを着ていた。もしかしてブルベ民??
インドの道でブルベはまさに命がけだな。。。

ところで、牛という英語が何か?と聞かれると、何を思い浮かべるだろうか?
俺はCow(カウ)。牛なんてCowしか単語が無いと思っていたら、Ox(オックス)やBull(ブル)という単語もあるらしい。

インドでは牛は神様一味。
神聖な生き物なので、基本的には食べない。

道を車で走っていたら、道ばたで寝ている牛と働かされている牛がいることに気づいた。

「牛って神様やろ?あんなに働かせてええの?」

と聞いたら、「Oxは良いんだよ」と。

ん?Oxは良い??意味が分からない。

「え?神様の牛と何が違うの?」

と聞いたら、「神様の牛はCowだよ」と。和英辞典で調べたところ、Cowは雌牛。Oxは雄牛である事が分かった。

雌牛のCowはヒンディーの神様で偉いらしい。だから農業で働かせる事はできないし、基本的には食べる事もできない。でもOx(雄牛)はヒンディーの神様ではないから働かせる事ができるようだ。でも、Ox(雄牛)は農業の神様だから、基本的には農業に対して働かせるらしい。

なるほど、、、。

ちなみに、ヒンディーだからと言って、インド全国で牛を食べる事ができないわけでは無いらしい。牛肉を食べれる地域もあるらしい。でも、やはり大っぴらに牛肉を食べるのはご法度で、コソコソ食べるらしい。

いつも一緒に働いているインド人は牛肉が好きらしい。日本に来た時も普通に食べてたものなぁ。

気をつけなければいけないのは、日本人だからといってインドで牛肉や豚肉を大っぴらに食べる事はやはり避けた方が良いという事。

日本では数教的に食べてはいけないものが無いから、あまり良い例えが浮かばないのだが、、、、インド人にとって神聖な牛が食べられている姿はやはりインド人にとって気分が良くないものだろうから。

さて、、、ムンバイ空港について6時間。。。チェックイン開始まであと3時間くらいかかるのかな???ビールでも飲んで気長に待とう。

コメント