【雑談/おすすめシューズ】ナイキ:厚底シューズ

z-雑談

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ナイキの厚底シューズ(ヴェイパー・フライ)によって世界新記録が量産される様になり、物議を醸し出している。

世界陸連か禁止しようという動きが出てきている。

少し昔に、水泳の時もレザー・スーツで世界新記録が量産され、結果的に着用禁止となった。

話を戻してナイキの厚底シューズ。
注目され始めたのはエリウド・キプチョゲ選手がフルマラソンで2時間切りした時からではないだろうか?

その後は日本新記録を出した大迫選手や、先日の箱根駅伝でも区間新記録を出したほとんどの選手が履いていた事でも注目されたシューズだ。

これまでマラソンシューズは軽さ追求のため、ソールが薄いものだと思っていたし、その傾向にあったと思う。

でも、ナイキがそれを覆した。
何が問題なのだろうか?

入っているカーボンファイバープレートが問題なのか?

いや、カーボンファイバープレートは他のメーカーにも入っているらしい。

問題はソールを厚くした事により増大したシューズのソールの反発力にある、らしい。

これが選手の前に進む推進力に繋がる。

ただ、ソールの厚さに規定があるわけではない。シューズの性能を決める一つの軸は前に進むための推進力にある事は間違い無いだろう。

ここで、このシューズを禁止してしまえば、シューズ開発における「前に進む推進力」の上限値を決めてしまう事にも繋がる。

つまり、前に進むため推進力という意味では、このナイキのヴェイパー・フライがファイナルアンサーとなってしまう。

後に残るのは快適性や耐久性、コストパフォーマンスといった指標になるだろうが、マラソン選手にとっては重要ではないだろう。

もし本当に禁止される事になれば、今後のシューズの歴史に大きな傷を残す事になるだろう。

ロードバイクでも空力を追求すれば、今の様な形にはならないらしい。でも、結果的にトリッキーな形状を作れるメーカーのみが自転車業界を生き残ってしまい、昔ながらのメーカーが廃れてしまう為、UCIはロードバイク の形状に規制を設けている。

ロードバイクもシューズも両方ともに機材と言えば機材だが、禁止する理由が違う。個人的には性能を制限する為に禁止をするのはやはり納得いかない。

皆さんはどう思っているのだろうか?
注目されている今、このシューズは買いだと思いますよ?

コメント