MBA【企業倫理】

03-ZWIFT

昨日はクソ忙しかった。

対応すべきメールが320通を越え、既に対応したメールをフォルダから抜く事すら、面倒なくらいに忙しかった。

それでいて、夜からMBAのセミナー。。。

触りを学ぶ程度のセミナーやから、まぁ何とかやれているが、、、事前課題があったらアウトやったな。

さて、今回のセミナーは「企業倫理」。

2時間半のセミナーを簡単にまとめると、、、
様々な社会問題に対して積極的に関わっていくべき、またはそれらの問題に対して解決への対応ができる一番大きな組織体は企業。株主は社会問題に対峙していく企業倫理の高い企業に投資していく傾向がある事を念頭において会社経営をしなければならない。ただし、その方向に偏りすぎてはならず、利益創造をして株主に利益をもたらさなければならない。

こんな感じ。なるほどね。

最近は空気ビジネスというものがある、というのをテレビで観た事がある。

二酸化炭素の排出量制限が各国課せられているなかで、排出量に余裕のある後進国がある。

それらの国が先進国に対して二酸化炭素を排出出来る権利を販売する、という新しいビジネス。

これにより、先進国のメーカーは二酸化炭素をより多く排出出来る様になり、国の発展につながる。

その仕事に携わっていた青年は「俺が日本を支えている」という自信に満ちた顔をしていた。

それはそれで間違いでは無いだろうし、この豊かな生活を送れるのは彼らの様な人たちがいるからだろう。

だから基本的には感謝なのだが、何かモヤっとする。これがきっと倫理的な感情なのだろう。

この場合は、モヤっとしたからと言って、彼らの会社を支持しない、とまではいかないが、非倫理的な経営によって、不買運動に繋がる事もある。

倫理、なんて言ってる余裕のない国や企業もある。

ぐるっと回って、やはり社会問題を解決するには先進国の大企業の役割なんやろなと思うところ。(小並感)

昨晩もセミナーの前後でジムに行き、帰ってローラー練。

17km程度のレースに参加。昨晩のレースはエグかった。。。

スタート直後のアゲアゲがいつもより強烈で長い。集団が縦に長くなり、俺はほぼ最後尾でなんとか喰らいつく。

息をしているヒマが無い、、、3分くらいもがいて、ようやく落ち着いたけど、その直後のちょっとした坂で千切られた。

同じ千切られ組でパックを作って走る。意識高い系ばかりが集まってしまい、前を追う動きになる。所々の坂区間で千切られかけるけど、ギリギリのところで喰らいつく。

こんなの1人では絶対に無理だ。

そんなこんなが続いているうちに第一集団からのドロップ組の一つに追いつく。休めるかと思ったら、一気にその集団も千切にかかる。意識高すぎやで、、、。

満身創痍になりながらラスト。500m手前位でペースが上がりまくり、喰らいつくだけでスプリントの脚が無く終了。

終わってしばし茫然。

クールダウンがてらアニメを観ながら回そうと再び乗ったけど、Z2強度も出せず。

出し切った火曜日やった。


この記事が「いいね」と思った人は下記のバナーのどれかを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント