自転車の盗難防止対策(Air tag)

06-おすすめ

自転車の盗難防止対策としてこれ買った。

そう、アポーのエアタグだ。
酔猫庵さんが使っているのをブログで拝見して真似る事に。

これをツールボックスに忍ばせて置くだけでも多少の盗難対策にはなるが、ツールボックスをほかされたら効果が無くなってしまうので、とある場所に固定する為のブラケットも購入。

エアタグはアポーストアで購入。2週間ほどで到着。ブラケットは密林で購入して数日で到着。

まだどうやって設定するのかは調べきれてないけど、ちょこちょことした設定でイケるはず。

どれ位の精度かと言うと、例えば、鍵が付いたキーホルダーに取り付けておけば、家の中でピンポイントで位置を特定できるレベル。

電力はボタン電池。一年は交換不要やし、自分で電池交換も出来る。

防水防塵はIP67。かなり高いレベルだ。嵐の中でエアタグ持って外で雨風に晒しても問題ない。スキューバーダイビングしない限り大丈夫。

これをリドレーちゃんとGT兄貴に付ける。

盗まれるリスクがどれくらいか?と言われると、天文学的に低い数値かもしれないけど、愛車やしソロライドでコンビニや食事処にに入る度にドキドキする程度は少し減る気がする。

もちろん、これは完璧では無い。
取り付けている箇所を特定されて外されてしまったら意味がないし、これはiPhoneを持っている人が持ち運びしたら、相手のiPhoneに「追跡されている」という表示が出るらしい。(ストーカー対策)

それでも、盗む奴がAndroidかもしれないし、やらないよりやった方がマシだと個人的には思う。

数十万、はたまた百万以上する愛車を、数千円で守れるならお得では?

さて、仮に盗まれたとしよう。
どうするか?

俺なら、目の前に犯人がいて、イカつく無くてナイフなどの武器を持っていなさそうなら少し動画を撮って証拠を残して、ボイスレコーダーをオンにしてからとっ捕まえて、警察に突き出す。

イカつい奴なら、追跡しながら警察に通報。

イカつく無くても、頭おかしい奴やし、武器を持っている可能性もあるから、警察に通報が良いかもね。

目の前に犯人がいなかったら、警察に通報。

一応、シミュレーションは出来ている。(冷静に行動できるかは分からないけどw)

サブスクで盗難対策出来る方法もあるけど、この様にお手軽に出来る方法もあるので、オススメです。

もちろん、自動車にも出来ます。

ただ、子供のGPS代わりにする事は出来ない様です。特定の期間(3日間)、エアタグと登録しているiPhoneの距離が離れるとエアタグからアラーム音が鳴るようです。登下校を見守る程度なら使えるのかな?

長期出張でエアタグと距離が離れる時は気をつけた方が良いかも。設定解除するなど必要なのかな。

今後、実際に使用したレポも出来ればと思います。


この記事が「いいね」と思った人は下記のバナーのどれかを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント