深夜0時過ぎの心拍198超え【ロードバイク】

03-ZWIFT

いよいよ落合さんの日本縦断TTも佳境に入ってる。落合さんとは全く面識も無く、もっと言えばブルベすら参加したことの無い俺なのだが、ロングライドは好きなのでこういうチャレンジは応援している。

これまでのトップは高岡さん。そのタイムを1日以上更新する5日と数時間でクリアしようとしている。

凄すぎる。ツイートを見ていると、ホテルで宿泊していない様だ。サポートカーで仮眠を取る程度らしい。短い睡眠で長時間走れる能力が求められるのだろうな。

長時間ライドは車であれロードバイクであれ基本的にこれ↓だと思う。

  

落合さんのロードバイクを見ると、色々と学べる。バイクはmacchiだ。クロモリとカーボンのハイブリッド仕様。長距離ライドにクロモリか〜。確かにクロモリ耐久性があるから長距離ライドには適していると思う。けど、クロモリか〜、と新鮮に感じた。

俺も基本的に長距離ライドはアルミのデローザちゃんなので、あながち間違いでも無いのだな、と安心。

ホイールはGOKISO。なるほど〜。重たいと言われているけど、その重さが影響するのは走り出しとクライムだけやし、その他に対する走行時間の方が圧倒的に長いからそういう選択肢になるのだな。

注目したいのはステム。
REDSHIFTというサスペンション付きのステム。長距離ライドするとほぼ必ず手が数週間痺れたままになる。手への負担軽減に使ってるのか〜。

一方でサドルは特に特別な事はしていなさそう。鋼鉄のケツを持ってるのだろうな。

ここ数日、ツイートを見ていたらロングライドをしたくなってきた。ビワアワイチしたいな〜。

前回は思いつきで何の準備もせずに行ってしまったから、今度はしっかり準備して行けばもっと楽に快適に行ける気がする。

さて、、、昨晩もロードバイクはローラー台練。
一度、外に出るのを止めてしまうと、もう外には出れなくなってしまうな。。。

玄関を開けて、寒い空気の中、一歩を踏み出すのが億劫になってきてしまった。去年は実走でトレーニングしてきたけど、今年はローラー台で頑張ってみようかな。

一人で淡々とローラー台をやると、本当に150W程度しか出ないほど意思が弱いので、昨晩もレースに参加。誰かと一緒に走る事で、やる気を引き出してもらう作戦。

参加したのはTeam DRAFT Monday Raceというもの。
レース名を確認せずに参加してしまったのだが、これ、きっとZWIFT内でチームを持っている人達が一緒に参加してトレイン組みながら走るレースな気がする。知らんけど。

周回コースを3周して、全長が21km程度。

クラスBに申し込んだつもりでいたけど、実際はクラスCやった。まぁ、どちらでも構わないけどね。

スタート直後に相変わらず上がりまくる強度。。。
皆と走ると、つられてこちらの強度も上がる。スタート直後の1分で400W位で踏み続けた気がする。

先頭集団にはついて行けず、ドロップ。第二集団に乗るが、1周目の終盤に出現した坂で一気に千切られてしまった。

少し走っていたら、第三集団が追い付いてきた。この集団に入ったら、なかなか良い感じ。これならついて行ける。けど、やはり所々で強度が上がっていく。特に終盤の坂区間は厳しい。

2周目の坂区間でちぎられそうになりつつも、何とか下り坂で追いつく。

ラスト1周。まだ第三集団には10人ほど残っている。この集団のメンバーを見ていると、クラスCとBが入り混じっている。とりあえず、この集団のトップでゴールする事を目標とする。

3周目の序盤~中盤は何とか丁寧に踏みながら付いて行く。問題は終盤の坂区間&ゴール手前のスプリントだ。

3周目中盤以降、少し強度上げて様子を見てみるも、皆普通に付いて来れている。これはロングスパートをしたところで、最後に差されるパターンやな。。。

終盤の坂区間で、皆一気に強度が上がる。一人、めちゃくちゃ速く坂を駆け上る人がいて、何とか喰らいついて追いつく。追いついたところで、その人の強度が緩む。だいぶ、無理して引き離しにかかったんやろうな、という事が分かる。その人と俺の一騎打ちのような雰囲気になってきた。

ゴールまで1.5km。まだまだ、、、焦らない。
ただ、後ろから数名が迫ってきている。タイム差3秒。のらりくらりと駆け引きをしているわけにもいかない。

2人で強度を上げつつも、お互いに先頭に出るタイミングをうかがう。
、、、、と、残り200m地点で後ろから猛烈に追い抜いて行った1人がいた。急いで、そいつを追いかけるが、俺の脚では追い付かなかった。

もう1人は追いついた様だ。

離されてしまったが、まだ絶望的な差ではない。
残り100m。。。まだだ。。。

残り50m!一気に全力で踏む。ふくらはぎが攣りかけて、終了。

心拍は198bpmまで上がり、気持ち悪くなった。

結果、、、順位は付かず。
順位が付かないタイプのレースだった様だ(笑


この記事が「いいね」と思った人は下記のバナーのどれかを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント