鎖骨骨折14日目(術後10日目)【ロードバイク】

z-雑談

骨折後14日目、術後10日目。

今朝の鎖骨の状態は昨日と変わらず。それよりも腰と脚が痛い。脚は明らかに熱を持っていて熱い。昨日、しっかりとストレッチしてから寝れば良かった。。。

腕を椅子の背もたれに置いて体重をかけてみる。全く痛みは感じない。これくらいなら自転車に乗れそうだ。

日曜日に試走してみようかな。その前にヘルメットの調達か。

ヘルメットを少し調べてみたのだが、色々な種類があるものだな。

ロードバイクに乗っていて感じるのは、頭の空気抵抗。明らかにヘルメットによる空気抵抗は大きいように感じる。

エアロ形状のヘルメットというのもあるらしい。でも、空気がヘルメット内に入りにくいので、頭が熱くなるようだ。

何を買おうか、、、悩むな〜。

さて、昨晩はいよいよ会社〜自宅まで徒歩で帰宅を実施。

栗東から大津まで約14km。絶妙な距離。笑

これが20kmやったら多分やらなかったと思う。健康な状態であっても多分18km程度がやる気を起こさせる限度やと思う。俺の中では。19kmやったら健康体でもやろうとは思わないだろう。

鎖骨と肩甲骨が折れた状態で、しかも雨なのに何故こんなヤバいトライをするのか?

自分自身でもよく分からないが、そういう人種なのだろう。笑

キリン、というバイク乗りにとってバイブル的な漫画があるのだが、主人公が交通事故で入院し、回復しきっていない状態でまたバイクに乗り事故を起こすというシーンがある。

自分の落車によって身体にダメージを負った今だからこそやらなければならない、何というか言葉には出来ない何かに突き動かされたというしか無い気がする。

さておき、18:30に会社を出る。

ルートはJR沿線では無く、毎朝の自転車通勤で採用している最短ルート改だ。約14km。

荷物はサコッシュに書類少々、ボトル、折りたたみ傘。斜めがけにして歩く。

ふくらはぎが筋肉痛。

19:28 草津駅付近通過 3.7km。腰が既に痛い。サコッシュの斜めがけが悪いのか?と思って、怪我をしていない左肩に掛けて少し歩いてみたらなんとなくマシになった。

身体のバランスが崩れている気がする。最近、整体に興味がある。ボキボキと骨を矯正するやつ。いつか受けてみたいと思う。

次に目指すは南草津駅付近。こんなに長かったかな〜?なんて思いながら歩く。きっと走った方が楽なんだろうな。

19:58 南草津駅付近を通過。 6.13km。ここから先はJR沿線から遠ざかるので、もう引き返せない。腰が痛いし脚も痛い。特に右足の甲がやたらと痛い。ヒビいってるんやないか?と思うほど痛い。

でもやると決めたからにはやり切る。覚悟を決めて一歩を踏み出す。

雨が降ったり止んだり。

右腕は三角巾で吊っていて、左腕は傘をさしていると、本当に歩幅が小さくなる。チョコチョコと歩くしかない。

矢橋帰帆島付近の交差点。9km。地元民から見ると、ここまで来ると、あともうちょいって感じがするけど実は数字的にはまだまだ先が長い。

足の甲が痛い。

とにかく脚を動かさなければ家に着かない。ロングライドをしている時の気分になってきた。たかが9kmで、だ。笑

近江大橋。ロードバイクならあっという間に通過できるのだが、、、長い。

やっと近江大橋を越えたところで足の甲と腰がほぼ限界。一度路肩で休む。

いつものロングライドでは「何でこんな事をやろうと思ってしまったんやろう」と後悔するのだが、今回はそれが無かった。とにかくこのチャレンジをクリアしなければ俺は次に進めない。そんな気でいた。

少し休んで再度スタート。

脚を解そうと思って大腿四頭筋を振ったら筋繊維が切れそうになった。笑 少し筋肉を痛めてしまったが、歩けないレベルでない。

バロー付近から歩道がタイル調になってきた。履いている靴のソールの溝がほぼ無い為、濡れた路面でツルツル滑る。

ヤバいと思って、身障者のブロックの上を歩く。滑らない。あと、凹凸があるお陰で足の裏がマッサージされてる感覚になり、足の甲の痛みが少しずつ和らいできた。

大津警察署を越えて、ローソンで勝利の美酒(発泡酒)を買った。

あとは琵琶湖から家までの坂を登るだけだ。残り300m地点。21:43。

ゴール。14.66km。ネットで3時間7分。靴が濡れていた事もあって足の裏の皮がズタボロ。ヒリヒリする。腰も痛い。足の甲の痛みは和らいでいた。

鎖骨や肩甲骨に痛みは無い。

これで俺のトライ、第一弾が終了した。ビワイチの方が全然楽やわ。歩ける人、走れる人はほんとすげぇや。

来週からはほどほどにしておこう。まぁ中盤くらいから自転車通勤再開になると思うけどね。

昨日のツールドフランスは、マチューとワウトが面白かった。

この二人はCXで凌ぎを削りあって来たライバル。先日のTTでもわずか1秒差というほど実力が均衡している。

その二人がパックになって走って、最後に先頭集団に追いついたのは凄かった。

ところどころでCX勢の強さが際立つのだが、今後機会があればやってみたいなとは思う。新しいバイクを買わなければならなかったり、洗車が面倒なので無理かもしれないがw


この記事が「いいね」と思った人は下記のバナーのどれかを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント