海外出張:日本からインド:プライオリティパスで関空のぼてじゅうで食事

08-出張

今日からインド出張。最近の海外出張はインドしかないからちょっと辛いわ。

先日、期限が切れかけていたプライオリティパスも無事届き、今日は初めて関西空港でプライオリティパスを使って食事ができるという「ぼてじゅう」に行ってみた。

朝10時のフライトだから、始発の電車&はるかで関西空港まで。
前日の晩に仕事を終わらせておきたかったのだけど、ビールと酎ハイを飲んだらいつの間にか熟睡していた。
起きたのは出発の2時間前。目覚ましもかけていなかったから良く起きれたな~と思う。

急いで準備して、出発。
タクシーが来た。プリウスのタクシー。久しぶりにプリウスに乗ったけど、めちゃくちゃ静か。走行の時にタイヤの音しか聞こえないというのは、車に乗るという気分の高揚感を削いでいるのでは?と思うのは俺だけだろうか。

京都駅ではるかのチケットを買って、関西空港まで。

久しぶりにはるかの中で寝ずにずっと仕事をし続けた。いつもは関空まで長げ~なと思うのだが、仕事をやっているとアッという間に着くなぁ。。。

関空でチェックインをしようとしたら長蛇の列。最近はセルフチェックインをしなければならない。
ちょっと手間がかかる。

チェックインが終わって、モバイルWIFIを受け取ってから、いよいよプライオリティパスを使用して飲食できる「ぼてじゅう」へ。場所は3Fのレストラン街にある。

まず、行ったらすでにプライオリティパスを使って受付をしている一組がいた。
その人達の受け付けが終わって、すぐに俺の番かと思ったら、全然来ない。何で?と思ってなかを覗いたら、さっき受け付けしていた人が食事を運んでいた。まだかなと思って店のなかで待っていたら、店の外で待つように言われ、仕方なく店の外で待つことに。店内ガラガラなのに、全然受け付けに来ない。ちなみに、これが注意事項として貼ってあった。

10分くらいしたら、日本人スタッフがめちゃくちゃダルそうにタイムカードを押しに受け付けにやってきた。いらっしゃいませも何もないし、めちゃくちゃダルそうな態度。

接客業なのだから、バックヤードでどれだけダルそうにしていても、せめて客の前ではしゃきしゃき動いてほしいものだし、挨拶は最低限必要だと思う。

ということで関空の「ぼてじゅう」は接客は最低。正直ここまで最低な接客されたのは久しぶりって感じなくらい最低やった。ずっと「プライオリティパスでタダで食えるのだから我慢我慢」と心のなかで唱えていた。

肝心の料理は、、、、普通のちょっと下くらい。美味しくも不味くもないって感じ。ただ、金出して3400円を支払えと言われたらブチ切れそうなレベル。

プライオリティパスを持っていて、接客にこだわらなければ(我慢できれば)来る価値があると思います。
本当、接客は最低なので要注意です。ただ、、、プライオリティパスでタダ飯食べているということを忘れて、接客に対して切れる事ほど格好悪いことはないので、割れを忘れないように気を付けてください。

出張は始まったばかり。

====
ロードバイクの時期ですね。プチ旅行で色々な場所を走りたいですね。

===楽天ポイントを持っている人は必見!!===
★補給食
POWER BAR ENERGIZE / POWER GEL / shotz ENERGY GEL / HONEY Stinger ORGANIC / ENERGY GEL

===プロテイン===
DNSホエイ / ファインラボ・ホエイ / ケンタイ・ホエイ / ザバス・ホエイ / ザバス・ウェイトダウン / DNSスーパーストイック / ウィダー・ウェイトダウン

コメント