反射神経で仕事をする様にしてみた/筋トレは腕の日

04-筋トレ

仕事は相変わらず多いのだが、やり方を変えてみるようにした。これまでは、入ってきた仕事を見て、こらは時間がかかりそうやな、とか、まずは内容を少し見てから考えようと思ってグダグタしていたが、それをやめた。

深く考えすぎてなかなか仕事が進まない事が多かったけど、やめて、入ってきた仕事を反射的に取り掛かって、とにかく速攻で返信する事にした。

そうしたら結構、サクサクと仕事が進むようになった。

まぁ、当たり前の事といえばそうなのかもしれないのだが、なかなか出来るものでは無い。何やろね。何故、こんな事が出来ないのか?

どんな仕事も、取り掛かかれば、30分くらいで少なくとも次の人にバトンタッチ出来るのだが、より良い仕事をしようとすると、相手の事を考えたり、次の人がよりスムーズに動ける様に色々と考えたりしてしまう。

でも、次の人にとって一番大切なのは「十分な時間」。前の人がどんな良い仕事をしようが、あまり関係ない。

だから、とにかく電光石火で返事する事が重要。数こなしていけば、仕事のクオリティも自然に上がっていくだろう。

ただ、気を付けなければいけないのは、どんなに速攻で返事をしたとしても、それは「少しでも、そのプロジェクトが前進する内容」でなければならない。

つまり、速攻で処理したものの「出来ない」「無理」とか単発の返信ではアカン。無理なら無理で、その理由の説明と代替案の提示は最低でも必要。

反射的な仕事。これは続けてみよう。

さて、昨日の筋トレは腕の日。
肩もやりたかったが、腰がゴリゴリ凝りまくって、立ってるのもシンドかったから、やめておいた。
体重を減らさなければ。

コメント