交通ルールを守れないのは、結局はそいつの人間としての資質に原因がある。

z-雑談

交通において誰が迷惑か?という論争を見る。車が悪いとか、ロードバイクが悪いとか、バイクが悪いとか。この論争は全くもってナンセンスだと思った出来事がある。

俺は、車に戻り乗るし、ロードバイクにも乗る。もちろん歩くし、バイクにも乗っていた事もある。だから、それぞれの立場の言い分は分かる。

車から見たら、バイクもロードバイクも歩行者も車道を走ってる者たちは全員邪魔。同じ車ですら邪魔だからこそ、煽り運転や幅寄せなんていう問題が発生する。俺こそが公道の王様だと思い込んでる奴もいる。

バイクから見たら、車は邪魔。俺らは車なんかより絶対速い。歩行者とロードバイクは動くパイロン。とにかく邪魔。同じバイク同士でも公道バトルになる。公道では常に一番を誇示したい。信号が赤から青に変わったら、まさにドラッグレースさながら一気にかっ飛ばす。俺が一番最初に交差点を渡るんだ!と。

ロードバイクは交通ルールを自分の良い様に解釈して使う。車道が混んでいれば歩道を通り、車の信号が赤でも、歩行者の信号を使う。そのくせ、車道を走るのは権利で守られていると主張して、仲間と二列で集団走行をする。自分達ではめちゃくちゃ速く走ってるつもりでも、平均速度50km/hにも満たない。原付のおばちゃんでもイラつくレベル。

歩行者も厄介極まりない。一番の弱者である自分達こそが、何やっても良いと思っている。車やバイクなどは自分達が交差点を渡り始めたら止まるのが当たり前やと思ってる。

もちろん、そんな人達ばかりではない。

ただ、どの立場に立っても交通ルールを守らない奴はいるし、それが、乗り物による違いとは思えない。だから、バイク乗りを批判したりロードバイク乗りを批判したりするのは、非常にナンセンスなんだ。本当に非難されるべきは、乗り手である人間。車で交通ルールを守らない奴は何乗っても守らない。歩いていても守らないだろう。

そういう俺も車乗ってる時はブイブイ飛ばす事もあるし、バイク乗ってた時はかなり無茶な事もしてた。ロードバイク乗り始めてだいぶ落ち着いたとは思う。多分お互いの立場を理解出来るようになってきたからなのかも知れない。

ロードバイクではなるべく邪魔にならない様に気をつけているし、車に乗っていてもすり抜けていくバイクにスペースを空けてやる余裕も出てきた。お互いにお互いの存在がある程度は邪魔である事を認めれば、それに対してイラつかないのではないか?と思う。

何にしろ、イライラせずに優雅に運転するのが一番カッコいいものであるという事を忘れてはならないし、教習所では世間が抱いている間違えた格好良さを正していくべきやと思う。

と、昨日、車がガンガン走っている道路の横断歩道を我が物顔でズカズカと渡り始めた歩行者が、急停車した車にガン飛ばしていたのを見て思った。

「こいつは何も乗ってないのに、交通ルールを守れてない。結局は乗り物が問題なのではなく、人の問題やな」と。

こういう事を自分なりに考えてみるのも重要ですよ。

コメント