三連休:日曜日 大正池〜童仙房〜三國越:遭難しかけてヤバかった。。。

01-ライド

日曜日は大正池〜童仙房行って帰ってくるつもりで出発。ダイエット走では無いし、灼熱が予想されるから、前回の様に水分抑えずに行くつもりやった。

まずは大正池を目指す。一発目のコンビニでレッドブルをぶち込む。元気出てきた。笑

南郷洗堰を越えて、順調に進む。サドルの高さを少し下げてみた。
2mm程度下げただけなのに、全然踏み感覚が違う。
もっと言うと、使う脚の筋肉が違ってくる。

そのまま、大正池へ。
大正池のスタート地点の電工掲示板に土崩れ全面通行止めと表示されていて、マジで?と思っていたら、下ってきた一人のチャリダーが「この先無理ですよ」と教えてくれた。でも、とりあえず無理な状況を確かめようと思って進んだ。新しいサドル高さはなかなか良い感じ。脚の筋肉ではなく、おしりの筋肉を使えている感触がある。良いペースで上れた。

途中、バイカーが抜いていって、そのバイカーも引き戻ってきて「この先無理だよ」というジェスチャー。わかっているけど、とりあえず、その状況を確認しに進む。当然、これ以上の土崩れの恐れがあれば進まないけど、熱中症になるかもしれない位の灼熱の天気やし、土崩れはないだろうと思っての判断。

進んで、半分くらい過ぎたところで出くわした。土崩れの状況は分からないが、確かに全面通行止めだ。
担いでもクリアできない。

写真をとって、諦めて引き帰す。
堂仙房に行くスタート地点のLAWSONまで回り道。良い道なんだけど、車の行き来が結構激しい。あまり好きではないコースやな。途中、コンビニで水補給。ここで水を補給しておいて本当によかった。

LAWSONに着いてまた補給。何人かチャリダーはいたけど、大正池が通行止めのせいか、暑さのせいか、人数は少なかった。

和束。良い景色。

童仙房に向けてスタート。
サドル高さを2mm低くして良い感じになったのだけど、何となく窮屈な感覚になった。でも、大臀筋を使えてる気がする。良いテンポで登れる。

途中、またこの先通行止めの看板。嫌な予感。
辛うじて通れた。

童仙房着。ここからが地獄の始まり。

二週間前に通った道を思い出しながら進む。童仙房過ぎても少し上りがあって、その先はほぼ下りである事は分かっていたから少し気分的には楽やった。

googleマップの言う通りに進む。どう考えても、以前通った道とは違う。でも、googleマップは最短距離を示してくれている。明らかに以前より上ってる。気づいたら三國越やった。

下りきったところでスマホのバッテリーが無くなる。。。無くなる直前までgoogleマップの経路を確認。googleマップが示す方向は、、、来た道やった。この時ほどアホgoogleと思った事は無かった。

思い返せば、ハワイライドの時もgoogleマップには騙された。アイファンの純正マップの方が良かったか。。。ボトルの水も半分を切っている。これ、遭難や、と思いながら来た道を引き返す。

ガーミン君を見ていて気づいた。君、GPSやん。
マップ機能を見て帰路を確認。ガーミン君は完全に来た道を帰路として示している。そういう機能やし、仕方がない。ショートカット出来る経路が無いか見たら、三國越えの頂上を少し越えた辺りに大津方面に向かう道が伸びている。ただ、ガーミン君の地図上では途中で途切れてる。

一か八かで行ってみることにした。で、その道に入る直前で砂にタイヤ取られて危うく落車しかける。無理矢理クリートをペダルから外したせいか、ペダルが破損。タイムのペダルのカーボンがパッキリ割れた。

最悪。この山道をペダル固定されないまま走るのか。。。と思いながら、ゆっくり上る。何とか短い上りをクリアしたら、あとはほぼ下りやった。不幸中の幸い。

しかも、少し下ったら自販機があった。もう、砂漠のオアシスに見えた。コーラを一気飲み。ボトルにも水分補給。これで何とか帰れる気がして来た。しかも、一度見た道や。

そこからは安心して帰路へ。
この酷暑に獲得標高2000m越えというアホな事をしてしまった。帰って食べたカップラーメンの塩味が見に染みた。

====
ロードバイクの時期ですね。プチ旅行で色々な場所を走りたいですね。

===楽天ポイントを持っている人は必見!!===
★補給食
POWER BAR ENERGIZE / POWER GEL / shotz ENERGY GEL / HONEY Stinger ORGANIC / ENERGY GEL

===プロテイン===
DNSホエイ / ファインラボ・ホエイ / ケンタイ・ホエイ / ザバス・ホエイ / ザバス・ウェイトダウン / DNSスーパーストイック / ウィダー・ウェイトダウン

コメント