ラストチャンスというフレーズが心に響く歳/ ローラー練 20km 40mins

03-ZWIFT

ラストチャンス。

この歳(39歳)になると、このフレーズが重くのしかかる。40代、50代の人達からしたら「まだまだヒヨッコやろ」と思われるかもしれない。でも、体力的にはもうラストチャンスと言わざるを得ない歳になってきている。

イチローの様に超ストイックであれば身体的な衰えは抑えられるかもしれない。でも、そんなストイックにはなれないし、ストイックになったとしても成長は40代になると望めないと思う。

いや、成長はするかもしれないけど、それは今がショボいだけであって、人間としての身体の限界点は確実に低くなってくる。

ラストチャンス。

本当のラストチャンスはいつなのか分からないが、近づいているのは確か。もうとうに通り過ぎているのかもしれない。

年齢と成績というのは不思議なもので、若すぎても年寄りすぎてもアカン。

高校生や大学生の若い時の方が強いと思うけど、実際はそれ以降の歳の方が強い。これは不思議だと思う。

歳を減ると経験値が上がって、経験値が体力を凌駕する事はあると思う。恐らく合気道とかはそうなのかもしれない。

ロードバイクはどうだろう?プロ級は分からない。でも俺自身のことで言えば、多分、このモチベーションを40代、50代まで維持できるか?分からない。

仕事の環境も変わるかもしれない。

だから今やる。

背水の陣。ラストチャンス。こう思ってモチベーションを高める。

今晩もローラー台練。

コメント