どうしても許せないやつがいる(続き)

先日、どうしても許せない奴がいるという事を日記に書いたのだが、、、、。

その翌日に、そいつから依頼事が入った。
インドに行くためのビザ申請を手伝ってほしいと。

こいつ、どの面下げて頼んでるんや?と神経を疑った。あんた、頭イカれてるんか?と言いたい気分を抑えるのが大変やった。

俺は、ビザ申請係ではないからやらんと断ってしまうのは簡単なのだが、それでは、こいつと同類になってしまう。という事で、少しだけ手伝ってやる事にした。あくまで俺自身をこいつと同じレベルまで貶めたくないから。

他の人に対しては、全部の書類を準備してあげるのだが、今回は40%程度だけ。あとは、自分でやれと突き返した。

インドのビザというのは申請がものすごく大変。
何故、必要なのか分からないが、自分の両親の情報とかも書かなければならない。とにかく準備する書類も多いし、申請する時の登録情報も多いし、大変。

ただ、最近はビザ無しでも行けるようにはなっているのだが、空港で色々と手続きをしなければならない。
インド人相手にそれはかなり厳しい。という事で、ビザは事前に取る事にしている。

と、まぁ、許せない奴だけどちょっとだけ手伝ってあげた。

あとは、そいつの行く目的は、前回俺が行った目的と同じような内容だから、とことんハードルを上げてやる。

個人的には、英語も自分で話せない奴/話そうとしない奴が、海外出張行くってどうかと思うのだけどね。(役員クラスは別として)
そいつが、言語関係を海外駐在員だのみにしようとしているのもむかつく。

たぶん、普通に「そちらの会社の改善のために来ているのだから、それくらいサポートしてくれて当たり前でしょ」「英語しゃべれないし、何もできないよ」と言うのだろうな。目に浮かぶわ。

と愚痴でした。

コメント